行事報告

  • 2016/9/13 『医療安全管理』について院内研修会を行いました。

平成28年9月13日(火)17時45分から約1時間にわたり、講師に大正富山医薬品葛繽B支店大分営業所の藤本祐希氏を招いて、『医療安全管理』〜多職種連携 良いチームの一員になろう〜について職員58名が参加して研修会を行いました。
先ず、近年は「チーム医療」や「地域包括ケア」の推進により、多職種連携の重要性がますます高まっています。良いチームの特徴として、「共通の目的があり、それを各メンバーが明確に意識していること。測定可能な目標があること。有効なリーダーシップがあること。」と報告し、それに対しては効果的なコミュニケーションが必要であると述べた。
次に、「チームワーク」が悪化しないためには、ともに学び、チームとして成長することが重要である。また、良いチームワークのためには、不明な点があれば質問や確認をし、はっきりさせる。自身の役割をはっきりさせる。必要な時には、はっきりと主張する。等と詳しく説明した。
今回の研修会は、参加者全員が職業人として改めて初心に帰った大変有意義な研修会だったと思います。
最後に、井野邉義人院長が「自分としてはリーダーシップが重要だと改めて痛感しました。」と締め括り研修会は終了した。

バックナンバー


PAGETOP