行事報告

  • 2018/9/11 『医療安全管理』について院内研修会を行いました。

 平成30年9月11日(火)17時45分から約1時間にわたり、講師に大正富山医薬品葛繽B支店第4ブロックの田建太郎氏を招いて、『医療安全管理』〜ヒヤリハットの基本〜、
〜転倒・転落の危険なポイント〜について職員55名が参加して研修会を行った。
  先ず、「ヒヤリハット」についてでは、『人は間違えるもの』である。従って「ヒヤリハットの報告」には意義があり、その報告で、組織の再発防止並びに第三者から見た、医療安全文化の指標と成りえることや個人として、再発防止・危険予知能力が向上するようになる。また、ハインリッヒの法則では、重大事故1件が起きる背景には、軽度な事故が29件、ヒヤリハットが300件存在するとある。故に「ヒヤリハットの報告」は重要である。
 「転倒・転落の防止」については、具体的に「危ない患者さん」・「場所」・「行為の予測」等に対する講義を受けた。
 今回の研修会は、参加者全員が職業人として再確認した大変有意義な研修会
だったと思う。


バックナンバー