いのべ訪問介護ステーション

ホームヘルプサービス利用のご案内

訪問介護サービスとは、高齢者や障がいをお持ちの方に対して、食事・排泄・入浴等の身体介護、調理・洗濯・掃除等の生活援助を通して、ご自宅で過ごせるよう支援するサービスです。
いのべ訪問介護ステーションでは介護福祉士の他、専属の作業療法士が在籍しております。「できるようになりたい」を全力で支援していきます。
また、訪問看護ステーションや訪問リハビリ・通所リハビリ、医療機関とも連携しながら難病・喀痰吸引対応、夜間深夜の訪問を実施しております。

ご利用いただける方と手続き窓口、利用料金について

●介護保険制度(介護給付、総合事業) 介護認定を受けた方
 手続き窓口 居宅介護支援事業所のケアマネジャー、
 地域包括支援センター、市役所
●障害者福祉制度(居宅介護、重度訪問介護、移動支援)
 障害者手帳を所持している方
 手続き窓口 市役所または指定相談支援事業所
●大分市高齢者福祉サービス(生活支援ホームヘルプサービス)
 手続き窓口 お住まいの圏域にある地域包括支援センター

利用料金は各制度・サービスによって料金が異なりますので、
詳しくは各窓口にお問い合わせください。
なお、上記の制度に則らずご利用者が全額費用負担いただく有料サービス(1時間2,000円)も
ございます。

手続きの方法

居宅介護支援事業所のケアマネジャー、市役所または地域包括支援センターまでご連絡下さい。

サービスの内容

●身体介護
@利用者の身体に直接接触して行う介助サービス
A利用者のADL・IADL・QOLや意欲の向上のために利用者と共に行う
 自立支援・重度化防止のためのサービス
Bその他専門的知識・技術(介護を要する状態となった要因である心身の障害や疾病等に伴って必要となる特段の専門的配慮)をもって行う利用者の日常生 活上・社会生活上のためのサービス


1-0

サービス準備・記録

1-1

排泄・食事介助

1-2

清拭・入浴,身体整容

1-3

体位変換,移動・移乗介助,外出介助

1-4

起床及び就寝介助

1-5

服薬介助

1-6

自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助(自立支援,ADL・IADL・
 QOL 向上の観点から安全を確保しつつ常時介助できる状態で行う見守り等)


1−6 自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助の例(調理)

 事例紹介
氏名:A氏 年齢:71歳 性別:女性 要介護度:2
診断名:視床出血 左片麻痺(平成17年)
合併症:高血圧
家族構成:配偶者と2人暮らし
       配偶者は心疾患あり、介護負担を感じるようになってきている。

生活状況:日中の大半をテレビを見て過ごしており、家事全般から
       介護までをすべて配偶者が行っている。

サービス利用状況:通所リハ(月曜日 水曜日 金曜日)
相談内容:介護負担が大きいので介護量を減らしてほしい


 工程表を作成して

※写真の掲載にあたってはご本人の許可を得ています。


冷蔵庫の中が見れる位置に
車椅子を止めれるように環境整備必要

作業を行うテーブルが必要
環境の未整備と動作の経験不足が課題


 課題となった動作と対策

工程 対策 備考
@材料を冷蔵庫から出す 環境調整 冷蔵庫周辺の片付け
A野菜の皮むき 環境調整(作業台)
反復練習
作業台の作成
釘付きまな板の使用 ピーラーの操作
B野菜を切る 環境調整(作業台)
反復練習
作業台の作成
切る方向や手順の整理で作業方法を簡略化
C袋を開ける 反復練習 固定方法の提案(口等)
Dボールの中で食材を混ぜる 環境調整(作業台)  固定しやすい環境を用いる
E鍋類を取る 環境調整方法を伝達 足元の整理と安定した立位方法の提案
(右側にもたれる)
F火の管理 環境調整 キッチンタイマーを常時使用する
G皿に盛りつける 環境調整 作業台を作成
H運ぶ 環境調整 通路の物を片づける

通所リハで模擬的訓練    訪問介護で自宅での反復訓練

 訪問介護による反復の期間

日付 メニュー 反応
8月2日 ハンバーグ 調理工程の詳細アセスメントを実施
8月8日 肉じゃが 主体的に行うことが難しく、常に声掛けを要する
8月16日 餃子 会話に集中し、火加減を忘れる。道具の使用は良好(餃子包み)
8月23日 焼き魚・野菜炒め グリルの操作を集中して行える
8月30日 炊飯 味噌汁 スライサーの使用時に声掛けを自身で行い操作可能
9月6日 カレーライス 冷蔵庫・鍋を取る・火をつける・炒める・野菜の固定不可
9月13日 お好み焼き 車椅子固定用のテーブルを使用。装着不可。野菜固定可
9月27日 お好み焼き 工程表を自己作成開始。装着不可
10月4日 シチュー 作業台を使用  工程表を自身で考える  タイマー使用
10月11日 肉じゃが 固定机 寝不足 ジャガイモ3つに30分
10月18日 天ぷら ご主人との役割分担 ごぼうやエビの皮むき 温度計使用

環境の整備(10月上旬〜中旬)

Before

 

After

 

調理用作業台

(スタッフ作成)

訪問介護からご主人へ

環境整備の依頼


結果



数年ぶりの調理です。

ご主人と2人分です。

現在は調理が自立し、次は掃除の自立をめざして支援しています


●生活援助
買い物、調理、洗濯、掃除などの支援を行います。


●障害者福祉サービス(居宅介護・重度訪問介護・移動支援)
障害者手帳を所持している方に、生活全般にわたる支援を行います。
 四肢に麻痺がある方等へ喀痰吸引も行います。

営業時間

●年中無休
●身体介護や重度訪問介護につきましては、夜間・深夜・早朝も対応しております。
●生活援助等その他のサービスは、通常 月曜日〜日曜日 8:00〜18:00
詳しくはお問合せください。


個人情報保護法

いのべ訪問介護ステーションはじめ関連事業所は、個人の権利、利益を保護するために、個人情報を適切に管理するとともに、個人情報保護に関する方針を定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、個人情報保護に努めます。

お問い合わせ

〒870-0021
大分市府内町1丁目3-15 府内MCビル
TEL 097(540)5115
FAX 097(532)3580
E-Mail houkai@inobe.or.jp

PAGETOP