一般事業主行動計画

当院では、職員が仕事と家庭を両立しながら働ける環境をつくるための取り組みとして、下記のとおり行動計画を策定しています。

医療法人 畏敬会 一般事業主行動計画 (第1期)

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定する。


  1. 計画期間
    平成22年10月1日〜平成24年9月30日
  2. 内容
【目標1】 子育てを理由に、希望する勤務体制を選択できる制度を設ける。
<対策> ・所定労働時間を6時間とし、始業・終業の時刻は個別に定める制度の導入
(平成23年4月までに実施)
【目標2】 子の看護休暇制度(育児・介護休業法)をより利用しやすいものとする。
<対策> ・看護休暇を時間単位で取得できる制度の導入。(平成23年4月までに実施)
【目標3】 育児休業の取得や職場復帰をしやすい環境の整備と育児介護休業法や就業規則など子育てに関する諸制度の周知を図る。
<対策> ・代替要員の確保や業務内容、業務体制の見直しおよび院内文書や掲示による職員への周知徹底に努める。(計画期間内)
【目標4】 所定外労働の削減のための措置を設ける。
<対策> ・月に1回ノー残業デーを実施する。(平成22年10月より実施)
・36協定における延長時間を、現行45時間/月、360時間/年から40時間/月、320時間/年に短縮する。(平成23年4月より)
PAGETOP