院内研修会報告

当院では最新のリハビリテーションを提供すべく、定期的に各分野の一流の先生を講師として、院内研修会を開催いたしております。

第一回目  2008年 川平和美先生

2008年に行われた「片麻痺に対する促通反復療法の理論と実際

鹿児島大学 川平和美先生

第一回目は2008年に行われた「片麻痺に対する促通反復療法の理論と実際: 鹿児島大学 川平和美先生」を紹介いたします。
2008年6月2日、鹿児島大学霧島リハビリテーションセンターの「川平和美先生」を当院へお招きして研修会を開催いたしました。
前半は片麻痺治療のための理論的背景と、先生が開発された「促通反復療法:川平法」の治療効果についてスライドにてわかりやすく説明いただきました。
その後、リハビリ職員全員が参加して川平法実技講習を行いました。上肢・手指麻痺・歩行能力の回復を図るための具体的な手技について、川平先生ご自身から手を取ってご指導を頂きました。
研修を終えて、技術取得に欠かせない実技講習を全職員が受けられた事が最大の成果であったと思います。また技術の取得に加え、最新の基礎研究に基づいた合理的な治療方略と治療成果を証明するための治療者・研究者としての姿勢、それらが全て患者様のよりよい生活に向けられている医療人としての在り方等、非常に多くの事を学ばせて頂きました。
当院では2006年より、鹿児島大学へ職員を派遣し、川平法の臨床導入を進めてまいりました(NHKで紹介される5年以上前です)。今後も研修を活かして片麻痺の機能改善を最大限に図れるリハビリ技術の取得に取り組んでいきたいと思います。
  • 院内研修画像
PAGETOP