国際学会

World congress report 国際学会見聞録 第10回

Asia Pacific Stroke Conference 2016 / Beijing, July 14-17, 2016
報告者:井野辺病院長、作業療法士 加藤、理学療法士 池田

2016年7月14〜17日にオーストラリアのブリスベンで開催されましたアジア太平洋脳卒中学術大会(Asia Pacific Stroke Conference 2016)に病院長兼理事長である井野辺先生と作業療法士の加藤副部長、理学療法士の池田の3人で参加・発表を致しました。

ブリスベンはクイーンズランド州南東部に位置する州都であり、オーストラリアを四国で例えるならば、ちょうど徳島の位置にあります。 シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、人口が約100万人を優に超える移民の多い世界都市です。 市街はブリスベン川に沿って作られており、随所に自然が溢れた散策や自転車でのツーリングに適した街並みです。

発表の会場であるBrisbane Convention and Exhibition Centreはブリスベン都市中央部の川沿いにある近代的なビルで、アジア・オセアニアの各国の医師をはじめとした多数の医療従事者が参加していました。 当院からは下記の3演題を発表致しました。

病院長は「Dual muscle electrical stimulation improved upper limb paresis of patients with chronic stroke」と題し、当院とデンケン(電子機器システム開発)・県立看護科学大学で連携開発をしたDRIVEを用いた発表です。 慢性期の脳卒中片麻痺上肢にDRIVEの特長である2筋同時の電気刺激で改善した症例を海外に向けて発表されました。

加藤は「Predictable neuropsycological tests on driving ability for patients with brain disorders」と題し、当院の自動車運転リハビリにおける脳損傷者の運転能力の可否を神経心理学テストでの予測を可能とした発表です。 自動車運転は身体機能、感覚・認知機能、感情などのあらゆる情報を統合して行う高度な技能です。 本発表では当院での実車前運転評価として用いられる神経心理学テストの信頼性を高め、その特徴を活かしたリハビリテーションの展開が今後期待されます。

池田は「Effect of vibrator stimuli for patient with dyskinesia」と題し、服薬治療が主な四肢の不随意運動を呈するディスキネジアに対して、振動刺激を用いて症状が改善した症例を発表致しました。 本発表で難渋する問題に対して、新たなアプローチ方法を海外に提案することができ、同様の症状を呈する方の一助になれるという期待感を得ました。 新しい根拠に基づいた医療(Evidence-based medicine)を確立するには症例報告を通じて多くの方に着想して頂くことが大切です。 今回、海外で多くの方の目に触れ、地元のオーストラリア・台湾等のアジアの方々には質疑応答を行い、症例についての理解を深めて頂くことができました。 所謂、『隗より始めよ』が実践でき、私のセラピスト人生において、意義のある経験ができたと思います。

今後の目標は双方向にディスカッションができるように英語力を改善し、よりよい知見や広い視野を持って臨床の現場に臨み、研鑽していきたいと思います。

PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第9回

6th Asia-Oceanian Conference of Physical & Rehabilitation Medicine / Philippines, February 18-22, 2016
報告者:井野辺病院長、作業療法士 加藤貴志

2016年2月18~22日の日程でフィリピンで開催された、第6回アジアオセアニア リハビリテーション医学学会(6th Asia-Oceanian Conference of Physical & Rehabilitation Medicine)へ病院長と作業療法士 加藤が参加いたしました。

フィリピンは2月でも気温30度を越えることが珍しくなく、真冬の成田から約6時間の旅程を経て、セブ マクタン空港に到着した際には半袖でも暑さを感じる程の真夏日和でした。

初日のオープニングセレモニーにてフィリピンの舞踊が披露されたのをスタート、その後各国のリハビリテーションについて多くの発表がなされていました。 当院からも院長、加藤が発表を行いました。

加藤は「Predictable accuracy of the Japanese version of the Stroke Drivers Screening Assessment」の演題名にて報告しました。 Stroke Drivers Screening Assessment(SDSA)は脳卒中患者の運転技能を予測する検査キットです。 原著のイギリス版開発以来、20年以上に渡って世界各国で用いられています。 今回の報告はSDSAの日本語版、「脳卒中ドライバーのスクリーニング評価」について報告したものです。

また病院長はデンケン社と共同開発を行った電気刺激装置DRIVEによる嚥下障害へのリハビリ手法について報告しました。 DRIVEは大分はもとより九州、中国、関西と導入施設が増えてきており、最近では関東・東北への導入もなされています。 嚥下障害への電気刺激の効果に関する研究も徐々に増えつつあります。 今後も嚥下障害への電気刺激に関する研究を重ね、治療成績の向上に努めてまいります。

国際学会では各国の特色のある発表を学べる点や、日本とは違う発想の意見をいただける事が魅力であり、大変貴重な経験を積む事ができました。 また学会で得た知見を大分の臨床に直輸入できるよう、技術の研鑽を重ねてまいりたいと思います。


PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第8回

7th World Congress of the International Society of Physical & Rehabilitation Medicine(ISPRM)/ Beijing, June 16-20, 2013
報告者:作業療法士 岸本周作、加藤貴志

6月16日〜20日に北京で開催された国際リハ医学会にOTの岸本と加藤が参加してきました。

本学会参加の主な目的は、2つありました。 1つは「脳卒中片麻痺の回復を図る最新のリハビリテーションを学ぶこと」、もう1つは「当院のリハビリ効果を報告し世界中の専門家からのフィードバックを受ける事」でした。

 脳卒中片麻痺のリハビリに関して、電気刺激から神経再生医療まで、時間の許す限り講演を受けて回りました。 日本を代表する片麻痺治療のリハ医師に質問を行う機会を得られ、直接指導を受けられたことは大きな収穫でした。
また、イスラエルの研究グループの特別講義へ参加し、新しいリハビリテクニックを学べた点も新鮮でした。 この講義の中で、脳波計を用いてリハビリ中の脳活動を計測しながらリハビリを行う事により治療成績が高まる可能性が報告されました。 当院でも臨床応用に向けて準備を進めたいと思います。

発表に関しては、OT岸本は、「Effects of electric stimulation combined with transcranial direct current stimulation on upper hemiplegia in chronic stroke patients」を発表しました。 本演題は、当院の電気刺激療法による片麻痺改善効果について報告するものでした。 今回で国際学会での片麻痺治療の報告も3年目となりました。これまで同様、参加者より頂いたコメントを活かし、今後のリハビリ成績向上に役立てていきます。
また、OT加藤は、脳卒中患者さんが安全に自動車運転を行えるかどうかを評価する検査キット「Stroke Drivers Screening Assessment :SDSA」(以下SDSA)について報告しました。 SDSAは、イギリス・ノッティンガム大学のNadina教授が開発した検査キットで、アメリカをはじめオーストラリアやイスラエルなど世界各国で用いられています。 本発表で、アジア初となるSDSA日本語版を開発し、その予測精度について報告しました。初めての口述発表でしたが、無事に報告を終える事ができました。 今後、このSDSA日本語版は、全国数か所での多施設共同研究を予定しており、完成を目指す予定です。

 
今回も学会参加で得た知見を活かし、院長の理念である「世界最先端のリハビリを大分へ直輸入!」を実践できるよう、研鑽を積んで参ります。



学会会場


機器展示風景


片麻痺に対する演題を報告(岸本)


運転支援の演題を報告(加藤)


ご指導頂いた鹿児島大学の下堂薗先生
(中央)

 
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第7回

The 7th World Stroke Congress / Seoul, October 13-16, 2010
報告者:回復期病棟リーダー 理学療法士 堀慎治

韓国のソウルで開催された第7回世界脳卒中会議に参加させて頂きました。この会議は脳卒中に関する学会で、治療やリハビリなど世界最新の発表が行われていました。韓国での開催もあり、アジアを中心に世界各国から医師、看護師、療法士など約2400人集まりました。
当院からは院長をはじめ作業療法士2名、理学療法士1名が参加しました。
私が影響を受けた発表は「根拠に基づいたリハビリ」です。私達の仕事は、日々患者さまの状態を評価し、計画を立て、実行することの繰り返しです。その中で最良のリハビリを実施していかなければなりません。『根拠に基づいたリハビリ』を意識的に選択できることが非常に大切であると改めて考えさせられました。
ポスター発表では、2日間で約1000題のポスタ ーが掲示されていました。臨床で生かせそうな内容が数多くあり非常に興味深いものでした。当院からは院長が「当院における独自の電気治療について」と作業療法士加藤が「脳卒中患者の自動車運転について」の発表を行いました。フランスや香港、インドをはじめ数多くの方から興味をもたれ、用意した資料が全てなくなるほどの盛況ぶりでした。
今回、国際学会に参加でき、貴重な経験をさせて頂きました。いつか自分も学術的な面で貢献できるよう成長し、多くの患者さまの回復の力添えをできるセラピストになりたいと思います。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第6回

6th World Congress of the International Society of Physical & Rehabilitation Medicine, Puerto Rico,
June 12-16, 2011
報告者:リハビリ部 副部長 作業療法士 岸本周作

2011年6月12日より、プエルトリコにて行われた「国際リハビリテーション医学会」にて当院院長とリハビリテーション部副部長 岸本周作が参加してきました。
プエルトリコはアメリカの自治州であり、カリブ海に位置しています。日本からプエルトリコまではアメリカ経由で航空機を乗り継ぎ17時間以上かかりました。
国際学会では世界中の研究成果が「速報」として発表されるため、最新のリハビリテーションを知る機会を得られます。本学会でも「ニューロリハ」や「再生医療」について最新の報告がなされており、特に「片麻痺改善に向けたロボット工学と支援技術」に関する報告が多く、強い印象を受けました。
また発表を通して、世界中の研究者から質問やコメントを頂けることも国際学会の魅力の一つです。今回は、作業療法士 岸本周作が「Effectiveness of electrical stimulation with a finger-equipped electrode (FEE) in subacute stroke patients with upper limb paralysis」の演題にて発表を行いました。本報告は当院で考案した電極「FEE」を用いた電気刺激の効果について報告したものです。回復期にある脳卒中片麻痺に対し、従来の訓練よりも麻痺の改善がなされたことを報告しました。発表後にブラジル、メキシコ、アメリカ、韓国等の先生方から貴重なコメントもいただけ、大変貴重な経験を得ることができました。
今後、国際学会で学んだ事を日々の臨床場面に活かし、実際の患者さんの訓練に最新の知見を導入できるよう努力を重ねていきたいと思います。
2007年ソウルより開始した、国際リハ医学会での発表も、今回で無事3回目を数えることができました。次回は2013年に北京にて行われます。隣国中国での開催ですので、次回も発表が行えるよう研鑽に努めて参ります。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第5回

第5回国際リハビリテーション医学会見聞録 in イスタンブール

リハビリテーション部 作業療法士 加藤貴志
2009年6月13日〜6月17日の日程でトルコの首都イスタンブールで開催された「国際リハビリテーション医学会」で院長 井野邉純一と作業療法士 加藤貴志が研究発表致しましたのでご報告します。
イスタンブールはローマ帝国・オスマン帝国の首都が置かれた歴史都市で、イスタンブール歴史地区は世界遺産にも登録されています。また、ヨーロッパ有数の都市でもあり人口は800万人を超えています。
このような多国籍都市での開催だけあって参加者も中東を中心に、ヨーロッパ・アジア諸国と様々な国々からの参加がみられ、各国の最新のリハビリテーションについての発表を聞く事ができました。
特に中枢神経系の回復に関するセッションでは、脳活動を計測しながらのリハビリなど最新の情報を得ることができました。また、ナノテクノロジーを用いて麻痺の回復を図る次世代のアプローチも報告されており、中枢神経麻痺の機能回復に対する可能性が高まっている事を実感することができました。
肝心の発表についてなのですが、「脳血管障害者の自動車運転技能と神経心理学的検査の関連について:井野邉純一」と「脳血管障害者の運転技能向上に対するビデオフィードバックの効果について:加藤貴志」の2演題を報告してきました。当院で行っている自動車学校との連携による自動車運転リハビリの効果について報告したもので、ドイツ・オランダ・台湾などの参加者と意見交換を行う事ができ、無事に終了する事ができました。
国際学会見聞録も2006年神経リハ学会(香港)から数えて今回で5回目を迎える事ができました。来年度は台湾にてアジア・オセアニアリハビリテーション医学会が、韓国にて国際脳卒中学会の開催が予定されています。当院では今後も職員の国際学会参加を奨励し、最新のリハビリテーションを提供できるよう努力を重ねていきたいと思います。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第4回

10TH international Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy
リハビリテーション部 理学療法士 東山みどり

今回、貴重な日本でのアジア理学療法学会に参加することができて嬉しく思いました。一人で初めての国際学会であり不安と緊張と、また期待で一杯の中の参加でしたが、他県の先生方、アジア諸国の学生と知り合うことができ、とても有意義なものとなりました。
ポスター発表、口述発表では大学機関の学生、先生方の発表が多く見られました。特に台湾、韓国、日本からの発表が多くありました。アジア諸国では、母国語が英語ではないため英語によるコミュニケーション・リスニングの難しさを感じましたが、ジェスチャーを用いながら積極的に質疑応答をしていました。
シンポジウムでは各加盟国の理学療法士の活動を発表、またパネルディスカッションが行われました。ベトナムの理学療法士からは「ベトナムの頭部外傷リハビリテーションにおける理学療法士と社会福祉士の協力」等について発表していました。またカンボジアの理学療法士からは、「カンボジアの理学療法とJICA プロジェクトの現状」について発表していました。発展途上国では、まだまだ理学療法士、作業療法士等、ソーシャルワーカーの学校が少ないまたは無いのが現状であり、先進国であるアメリカやオーストラリア等への研修のカリキュラムが組み込まれています。また、JICA等の国際協力により人材育成、チームアプローチのシステム作り、デイケアの設置を行っていました。
アジア理学療法学会に参加して今回のアジア理学療法学会のテーマでもある「交流と協力」の重要性を実感しました。国、人種、宗教、政治を乗り越えて、学術活動・臨床活動について意見交換し、協力していくことが大切だと思いました。また、日本だけでなく世界の動向を見ながら日本、また私たち理学療法士一人一人が患者さんのために何ができるか日々考えていかなければならないと思いました。まずは今いる場所で患者さんのために何ができるか考え努力していきたいと思います。また今後、国際協力ができる人材に成長していきたいと思います。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第3回

医療法人畏敬会 井野辺病院
第13回 国際老年齢精神医学会 見聞録
2007年10月14日〜10月18日 日本・大阪
作業療法士 岸本周作
作業療法士 武山善幸

2007年10月14日から10月18日に大阪国際会議場で開催された第13回国際老年精神医学会に参加してきました。
本学会は認知症や高齢者のうつ等、老年期特有の精神疾患に関する学会で、世界30カ国の関連職種が参加します。今回は、日本老年精神医学会と日本認知症ケア学会の同時開催のため過去最高の参加者人数であったとのことでした。
当院からは、2名の作業療法士が参加しました。初めての国際学会ということもあり期待と不安を抱えながらの参加でした。日本開催のため会場までの移動、食事、宿泊等の手続きはスムーズに行なえ、学会に集中することが出来ました。
学会は3階・5階・10階と3フロアに分かれて行なわれました。
3階では学会期間中、約560演題のポスター発表、スポンサー展示ブース、書籍販売、写真の個展、休憩所等があり多数の参加者が足を運んで無料のコーヒーや水を飲みながら積極的な交流を図っていました。また日本歴史文化の鎧などが展示されており、一部は身に付けて記念撮影が出来き、外国の方々には注目を集めていました。ちなみに筆者も記念撮影をしました。5階・10階では数多くの講演がなされていました。
講演の中でも認知症に対する治療を興味深く拝聴しました。特にアルツハイマー病の発病機序が分子レベルで明らかになり、アミロイドカスケード仮説を基にワクチンや新薬の開発の治療戦略研究がなされていました。認知症に対する治療の概念が「治療できない病気」から「治療すれば進行予防・発症予防の可能性がある病気」へと変わりつつあることを肌で感じました。また、リハビリテーションでは認知訓練・身体運動・家族支援の重要性を述べており、より一層セラピストとしての知識・技術を研鑽していかなければならないと感じました。急速な高齢化の問題は日本だけでなく世界的に発展しており、高齢化とともに増加する認知症の治療・予防をどうしていくかが重要な課題であると感じました。その他にも高齢者のうつ、睡眠、介護者負担など非常に貴重な講演に参加できました。(岸本)
国際老年精神医学会の内容としては各国での地域での取り組み、BPSD、薬物療法、非薬物療法、アルツハイマー・脳血管性認知症の神経変性のメカニズム等についての内容が聞かれていました。
特に関心が惹かれた内容としては、BPSD、家族の介助量軽減に対する各国での取り組みでした。特にBPSDでは光療法の有効性についての報告が聞かれ大変有意義な経験となりました。又、日本でも各地域で様々な取り組みがなされており、臨床場面に戻りすぐに生かすことは出来ないと思いますが良い刺激となりました。
今後、今回の経験を生かして@認知症予防、A認知症の早期発見、B家族支援を図れるような関わりを行っていきたいと思います。(武山)

今回、国際学会に参加して感じたことは、日本だけでなく世界最新の動向が追え、新たな知識・視点が生まれたこと。また臨床家として、学んだ知識・視点が臨床の場で活用でき、1人でも多くの人に有益な治療が出来る楽しみを学んだことでした。
今後も切磋琢磨していき臨床の場で役立てたいと思います。
日本開催での国際学会では同時通訳を採用していることもあります。事前に調べ、また英語の勉強をして是非参加してみて下さい。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第2回

第4回国際身体リハビリテーション医学会議 2007年6月10日〜14日 韓国 ソウル
4th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine Korea Seoul
院長  井野邉純一
作業療法士 加藤 貴志

平成19年6月9日〜14日にソウルで行なわれた国際身体リハビリテーション医学会議(ISPRM)に参加してきました。ISPRMは全てのリハビリ関連職種が参加する国際学会で世界48カ国が参加しています。年々規模が拡大しており、今回は前回開催時の演題数約800演題を上回る1100演題の一般発表が行なわれました。
隣国ということもあり日本の発表者も多く、宮井一郎先生や里宇明元先生など日本からの招待講演も多く行なわれていました。 
44 parallel」セッション中7つが中枢神経系の可塑性に関連する講演でありこの分野が世界的に関心の高い事を感じました。自分は可塑性に関する講演のうち5つのセッションに参加したのですが、日本で言う回復期・維持期の区別無く、適切なリハビリで麻痺が改善する患者さんが増えている事を実感しました。 10年ほど前の発症から6ヶ月以上経過したら麻痺の改善は望めないとされていた時代から、隔世の感があるのを否めませんでした。
可塑性と同様に関心を惹かれたのが癌に対するリハビリテーションでした。リハビリによる癌再発予防のエビデンスが蓄積されつつあることや癌に対するリハビリが一般的になりつつあることに驚きを感じました。
今回は参加にとどまらず 「記憶障害者に対する、記憶代償手段としてのオンラインスケジューラーの有効性」の演題にてポスター発表に挑戦してきました。初めての英語プレゼンテーションで緊張したのですが、無事発表を終えることが出来ました。幾つか質問をいただけた中でも、頭部外傷のセッションで座長を勤められていた Dr. John Whyte より質問とコメントをいただけた事が最も大きな収穫であったと思います。 今後はこの経験を活かして、多くの職員が国際学会参加・発表を行なう機会を得られるよう支援をしていきたいと思います。
PAGETOP

World congress report 国際学会見聞録 第1回

第4回世界神経リハビリテーション学会 2006年2月12〜16日 香港
4th World Congress for Neurorehabilitation: WCNR2006, 12-16 Feb, Hong Kong
リハビリテーション科 作業療法士 加藤貴志

平成18年2月12日より香港で行なわれた第4回世界神経学会に参加してきました。本学会は、脳卒中等の神経系疾患へのリハビリテーションに関する学会で、脳可塑性や高次脳機能障害に関するセッションが朝から夕方まで行なわれました。世界50カ国より参加者があり、地元中国を中心にアジア系の参加者が多い印象を受けましたが、欧米や中東からも多くの発表が見られました。
学会期間中、特に楽しみにしていた頭部外傷者の復職プログラムとPusher現象に対するWork shopに参加してきました。
Pusher現象では重力知覚のメカニズム異常が原因ではないかという新しい仮説の基、麻痺側体幹に対するアプローチによって、従来から治療成績が良いとの報告がなされ反響をよんでいました。当院でも臨床応用可能な最新の知見に触れることができ大変有意義な経験を積むことができました。
学会期間全体を通してスケジュールが厳しくほとんど自由時間は無かったのですが、それを補って余りある充実した1週間を送ることが出来ました。次回は 2008年ブラジルで開催予定です。また機会があれば参加したいと思います。
PAGETOP