畏敬会

一般事業主行動計画

医療法人畏敬会 一般事業主行動計画(第3期)

職員が仕事と生活の調和を図りその能力を十分に発揮できる働きやすい雇用環境を整備するため、次のような行動計画を策定する。
計画期間
平成27年4月1日~平成32年3月31日
内容
[目標1]年次有給休暇を取得しやすい環境の整備を図る。
<対策>・職員の有休取得状況を確認し、年度毎に前年度の各部署の有休取得状況を会議で報告、取得の少ない部署に取得を促す。
・各部署にて有給休暇の計画的付与を検討する。
[目標2]所定外労働時間の削減を図る。
<対策>・月に1回のノー残業デーの周知徹底。
・ノー残業デーの月2回への拡充を検討する。
[目標3]育児短時間勤務制度や多様な勤務形態について拡充を検討する。
<対策>・3歳以上の子を養育する場合でも事情によっては期間限定で適用するなどの弾力的な運用や、対象年齢の拡大、期間の延長、始業・就業時刻の繰上げや繰下げ等の拡充を検討する。
[目標4]若年者に対する職場見学や就業体験等の機会の提供を継続して行う。
<対策>・現在、小・中学校、高等学校からの職場見学や就業体験、専門学校からの研修・実習依頼はなるべく引き受けるようにしているが、この受け入れを継続的に取り組む。

医療法人畏敬会 女性活躍推進法に関する行動計画

女性が役職者して活躍できる雇用環境を整備するため、次のような行動計画を策定する。
計画期間
平成28年4月1日~平成32年3月31日
課題
労働者全体に占める女性割合と比べると管理職、役職者の女性割合が低い。
3歳以上の子についても短時間勤務制度の適用を望む声がある。
内容
[目標]・管理職(課長級以上)に占める女性割合を40%以上にする。
・役職者(主任級以上)に占める女性割合を60%以上にする。
・育児短時間勤務制度の拡充を検討する。
<対策>・男女公正な昇進基準となっているかを検証し、必要に応じて基準の見直しを行い、積極的に女性を登用する。(計画期間内)
・育児短時間勤務制度の対象年齢を現在の3歳未満から小学校3年生までに拡大する。(平成28年度内)
女性の活躍に関する情報
  • 採用した労働者に占める女性労働者の割合(H26年度) 正職員 70.7% パート 80.0%
  • 労働者に占める女性労働者の割合(H28年1月現在) 正職員 69.3% パート 83.3%
  • 平均継続勤務年数(H28年1月現在) 男性 5年 女性 5年
  • 管理職(課長級以上)に占める女性の割合(H28年1月現在) 38.9%
  • 役職者(主任級以上)に占める女性の割合(H28年1月現在) 56.1%